悪口や陰口を言う人の心理を知り、悪口を言うのをやめよう

シェアする

「他人の不幸は蜜の味」といいますが、

なぜ人は悪口を言ってしまうのでしょうか?

そんな悪口を言いたくなる、言ってしまう、

そんな心理について、少し探求してみました。

どの職場にも悪口を言う人が一定数存在する

どの職場でも、否定的なことを言ったり、

悪口を言ったりする、ネガティブな会話が

発生するのは、なかなかうまくは避けられません。

でも、

人の噂話や、悪口が大好きな人もいれば、

そんな話は聞きたくないという人もいます。

そもそも、人の噂話や悪口を言うのを

好む人というのは、なぜなのでしょうか?

人が噂話や悪口を言ってやめない理由

まず、話のネタが、それ以外にないから、

とりあえず、人の悪口を言ってしまう

・・・というのが、大きな理由のひとつです。

その方たちの共通点として、

知識、教養、社会情勢などの話を前向きに

発展させる共通の話題をもっていないのにも

大きな、大きな原因がありそうなんです。

そして、

人の噂話や、悪口を言うことに対して、

そもそも「悪いこと」という

認識がないので言うのをやめません。

人とコミュニケーションをする

「よいきっかけ作り」として

噂話や、悪口を利用しています。

一番、最悪なパターンですね。

噂話や悪口が、

コミュニケーションツールの

役目を果たしているのですね。

悪口や噂話は、芸能ニュースや週刊誌などで、

広く取扱われますので、誰もが知っており、

話のネタになりやすいというわけなのです。

他人を落として、自分は落ちないので、

それを言うことでストレス発散にもなっています。

これが、人が噂話や、

悪口を言ってやめない理由なんです。

悪口を共有することで、他人との一体感と自分の安心感を得たい

悪口を言うことで、共感されたいのです。

そこには

自分は一人じゃない

・・・という心理があるからです。

もう、青山テルマのそばにいるよ状態。

わたしは、ここにいるよ〜♪的な。

女性は、井戸端会議が好きです。

その理由として、女性は、男性に比べて

弱い立場なので、このように井戸端会議して

輪を広げることで、団結力を固め、安心感を得ている

・・・のではないかと、世間では言われています。

悪口を言うことで、雑談が盛り上げる場合が多く、

ここだけの話だから・・・という秘密の共有で

仲間との不思議な一体感が、生まれそうなのです。

言っている本人たちには、悪気はなくとも、

言っていることが、面白くて気持ちが良いので、

自然にクセになってしまっているのかも・・・。

また友達が多い人は、

結構悪口を言う人が多いそうです。

それは、共通の敵を

グループの外に作り、

内部を結託させるためだそうです。

友達が、多いあなた。。。

もしかして、

悪口を言うクセがありませんか?

ボク、その経験あります

自分が他人よりも上であることを誇示したい

悪口を言ってしまう人というのは、

他人をけなすことで、心理的に、

「 自分の方が上 」だと言いたいのです。

そうして、足を引っ張ることで、

自分の地位が、精神的に上昇した気になる。

単にその人に、負けを認めたくない

・・・という心理が原因の場合もあります。

競争心、負けず嫌いな性格が働くので、

あえて、その対象者のことを

悪く言っているのかもしれません。

また深層心理的に、自分が

その人よりも能力や容姿が、上だということ。

この状態を周囲の人に分かってほしい、

認めてほしい・・・という願望があるのだそうです。

自分との違いを腹立たしく思っている

このケースは、

自己主張が強い方に多いものです。

まず、性格が違いすぎるために、

短所ばかりが目についてしまいます。

どちらかと言えば、仲が良いのに、

主義の違いによって、敵対視する

関係になってしまうことがあります。

政治や宗教などに、よく見られるケースです。

友達関係であっても、起こりうること。

どうしても両立できない違いが

ときには「 憎しみ 」を生むことがあり、

悪口や、噂話をしてしまう行動に出るわけです。

社会をよくしようと、

本音を暴露する人への悪口は、

当人とって、その行動をされること

自体が面白くないので悪口に繋がります。

そもそも、自分の弱い部分と、

他人の優れた部分を比較することで

羨み、僻みの精神から悪口になります。

自分の望んだ希望が叶わず、

その人物をグループあるいは、

コミュニティーにふさわしくない者だと

周りに思い込ませる作戦に出たりします。

人って、

自分を良く見せたいためには、

何でもするものですね・・・。

自分の利益を得たいため

一部の新聞、週刊誌などが、

良い例ですが、これは自分(会社)の

利益を得るためにエンタメ性として

大袈裟に誇張させて表現をしています。

もしも、

これが何の根拠もないのに、

出版されてしまったのなら、

本人からしてみたら、名誉に傷が付く問題。

なので、よく訴訟問題にも発展しています。

人を落として、今度は、

自分がその地位に上がるためにも使われています。

政治家などが、顕著な例です。

いずれにしても、

良いものではありませんよね。

自分の劣等感と自信のなさを隠したいため

誰かの陰口、悪口ばかり言う男性は、

劣等感が強い傾向にあると言われます。

それは、その人への僻み(ひがみ)でもあり、

それは、妬み(ねたみ)でもあったりします。

悪口を言うこと

それは、より自分が「 劣っていること 」を

自ら大きく宣言しているようなもの・・・なのです。

もし自分に自信があれば、

絶対に「他人の悪口」を言うことはありません。

言う必要なんてリスクしかないことを

分かっているのですから・・・。

自分に自信がなく弱いから、

先に攻撃して自尊心を補って、

バランスを保っているだけなのです。

他人の悪口で、

自分の精神のバランスを取ろうとしてしまうのは、

よくない習慣ですので、

今言っていることを自覚していくことが大事です。

悪口を言うことで相手を自分より下にして自尊心を得ようとする

相手が自分より上にいて、

自分の名誉を傷つける心配がある場合、

「 相手を自分から遠ざけようとする心理 」

・・・が働きます。

「弱い犬ほどよく吠える」

・・・という言葉にもある通り、

自己防衛の心理が、働くためです。

自分に自信がない人は、

自らの自尊心の維持するために、

ターゲットに対して、悪口を言うことで、

相対的に相手の価値を下げようとするのです。

いかがでしたでしょうか?

悪口を言うことが、

どれだけ愚かで意味がなくて、

惨めな行動なのか、

ご理解いただけたと思います。

ボク自身もそうですが、

もしも悪口を言ってしまうことがあったら、

この話しを思い出して、

悪口を言うのをやめるように努力しよう。

まずは、

悪口グループから今すぐ脱出しないと。

あなたの幸せで、

豊かな毎日になりますように・・・。

悪口や陰口を言う人の心理 まとめ

  • 他人の不幸は蜜の味とよくいうが、
    人は何で悪口を言ってしまうのか?
  • 女性が井戸端会議が好きで悪口を言う人が多い
    それは、悪口そのものがコミュニケーションツールだから
  • 生物学的にも、団結することで輪を広げることにより
    安心感が得られるためにやってしまうらしい
  • みんなが思っていることを言うことで
    雑談が盛り上がり、そこに快楽があるため
    不思議な一体感ががあり仲間意識が生まれる
  • 人は本能的に防御本能で自分を守るために
    悪口を言って他人を落とし、身を守るものだ
  • どちらかが上、どちらかが正しいなどという
    業界の古い体質が残っているところほど、
    悪口や陰口がどんどんエスカレートしていく
  • 悪口を言っている時は気持ちがいいかもしれない
    ・・・が、形成が逆転し、今度はいつ自分が
    悪口を言われるかをビクビクしなければならない
  • 悪口の本質は自らの劣等感にある
  • 悪口を言う人は人間的に「小さい」
  • もし他人の悪口を好むのなら自分は劣等感が
    強い傾向にあるということを自覚したほうがいい
  • 悪口や陰口を言うことは、
    自ら自信がないということを宣言している
    それは惨めで恥ずかしい行為
  • この世に間違いを起こさない人間などいない
    人間は必ず間違いを起こす生き物
  • 間違いは悪くありません、「学び」です
  • もしも誰かが不祥事を起こしたとしても、
    決して笑わずに、いつか我が身と
    反面教師としてそこから学びましょう
  • 現在、なにかの悪口の井戸端会議の
    一員になっていたら、真っ先にその場から立ち去る
  • 悪い影響を受け、自分に最も
    大切な成長や発展の機会を失うからです
  • 悪口を言うくらいなら、その人の良い所、
    素晴らしい所を見付けて褒めませんか?
  • そのほうが幸せで豊かで幸せな気分になる
  • 社会的に良い活動をしようとする時、
    必ずアンチが現れるので悪口を言われる覚悟を持とう
  • 悪口を言われている=自分は影響力を
    与えられている、認められていると、前向きに捉える
  • 悪口は言われてもいいが、
    自分の口から言うのは絶対にやめよう

感想お待ちしてます

コメントはこちら

シェアする