性格・考え方も「続ける」と強さを増す。 良し悪し関係なく強くなる。

シェアする

最近、

「色々な事が変化している」

・・・と実感することが多い。

例えば、

「怒らなくなった」とか。

本当に、以前に比べて、

全くといっていいほど怒らなくなった。

前は、怒りでしかなかったんだけど、

ほとんどなかったんだけど、今はほぼ。

苛立ちの基となる「ムカつき」すらない。

前回、ガチンコで

怒ったのなんて、いつぐらいだろう?

普通に、キレてるレベルは、

まだ、多々ありますけれども・・・。

ガチンコのドロドロしたのはない。

そんなレベル。

もちろん

「怒らない自慢」みたいのが

したいわけではないです。

ふと思ったことがあるんです。

「怒らない」

というのを続けてきたから、

さらに

「怒らないようになった」

・・・のではないか?

・・・ということ。そんなお話。

性格とか考え方も「続ける」と強さを増す

先日、ふと思ったことがありました。

性格とか考え方も「続ける」と強さを増す

・・・のではないかな?ということ。

「続けてしまっている」から「続いてしまう」

自分や自分の周りで

「常にし続けている人」ていると思うんです。

それは、「続けてしまっている」から

「続いてしまう」のではないかなぁと。

・・・ちょっと、ややこしいですよね(笑)

もう卵が先か鶏が先かみたいな

話になっちゃいますけどね・・・(笑)

例えば、

冒頭で書いた「怒らなくなった」ということ。

怒らなくなった

もとから怒ることが多かったボク。

そんなボクですが、

今は、あまり怒らなくなった。

これを実感したことが最近ありました。

以前だったら、

うわ~、マジかよ~。

 なにやってんだよーーー!!

みたいなことを

思ってたんですけど、その時は

あらま~!!!!

 まぁしょうがないよね〜♪

で終わった。

この時は

「怒らなくなったのかもな~」

・・・くらいだったんですが、

今、考えてみると

「怒らない行為」を続けてきたから

「怒らなくなった」んだと思うんです。

他の色々なことを考えた時に、

日頃の少しずつ、少しずつの行いが、

その事柄を決めてるんじゃないかな?

・・・と、思うようになりました。

怒り続ける人

ボクも、昔そうだったんですが、

「怒り続ける人」っているんです。

怒りって、言っても感情が出ないパターン。

恨み、ツラミの冷静な告げ口、陰口パターン。

人間なんで、怒ることはあるし、

つい、告げ口や陰口を言いたくもなる。

それは、十分にわかっている。

でも、たまーに、極稀なのが、

全て、いつも、その人から問題が起きている。

続けている。

こういう人はそんなにいないけど、

見た時に

「なんでこんなに、関係ない人に、

 怒り続けているんだろう?」と思った。

その時に

怒り続けてるから

・・・なんじゃないかなと。

怒り続けているから

 怒りやすくなってしまっている

・・・って気がするんですね。

イメージとしては、

「怒りのハードルが

 下がってしまってる」状態。 

沸点が低くなってしまっている。

怒り続けることによって、

些細なことで怒りやすくなってしまう。

ネットに溢れる情報や

ご近所の話を聞いて

「ふざけるな!」

「こいつ何言ってるんだ!」となる。

怒りゲージが

溜まりやすくなってしまっている。

そんな気がするんです。

他にも色々

Twitterにも書いたように

  • 何かを気にし続けてる人は、
    今まで以上に小さなことも
    気にするようになっていく。
  • 優しい人は
    優しくし続けることによって
    さらに優しくなっていく
  • エロイ人は時間があれば
    エロイ事を考えてまくって
    ますますエロくなっていく

 とか。

良い事だったら

  • よく笑う
  • 誰かのためになることをする、
    人の手伝いをする、手助けをする
  • 電車で席を譲る
  • 相手が喜ぶ事をする

・・・なども言えると思う。

あまり良くないことだったら

  • 悪口
  • 見下す
  • 貶す
  • 怒る
  • 騙す
  • 嘘をつく

とか。

以前

悪口や陰口を言う人と付きあわない方が良いよ。損をする。

・・・という記事を書いたように、

ボクは、こういう人は苦手です。

それらを続けてしまっているから、

さらに、そういう人・性格になってしまう

・・・のではないでしょうか?

「続けている」ということ

良いこと悪いこと問わず、

続けている」というのが鍵だと思うんです。

続けるということで

歯止めが利かなくなる」もの

・・・なのかもしれないですね。

それが自分にとって

良いことだったら続けた方が良いです。

逆に悪いことでも

続けることで強くなって悪化してしまう。

上記の例で言えば、

悪口を言ってしまう人は、

言い続けてしまうから、

些細なことでも、

悪く言うようになってしまう。

止まらない。

どれが良い悪いかは人それぞれです。

だからこそ

「何が良い悪いか」

 ・・・を明確にして、

「それを続けたいか」

 ・・・というのを自分に問う

必要があるのではないかと思います。

ボクの場合は「怒る」っていうのは、

好きではなかったので、

「怒らないように」して、

結果として「怒らなくなった」

・・・のかもしれないなと、今は思います。

勉強とか練習も最初の1歩~習慣になると強さを増すも

ここまでは「性格面」で見てきたけど、

練習とか、勉強も、そうだと思うんですよね。

パソコンのブラインドタッチでも

スマートフォンの使い方、ひとつでも、

「やり続ける」ことによって上手くなる。

「やり続ける」ことによって、

使い方の質がぐんぐんと上がる。

逆に

「やらないということを続ける」

・・・ということをやっていた場合は

何事でも、決して、上手くはならない。

(自分が思うようには)

質も上がることはないです。

何かをし続けると言うことが

「強さを増す」ということに繋がる。

パソコン、マーケティングに限って言えば

自分が通ってきた道なので

「確実に」強さが増すと言い切れます。

やらない人は、行動しない人は、

ずっと下手なままだからですね・・・。

まとめ

ちょっと禅問答的な側面もある内容でしたが、

言いたい事は伝わりましたかね・・・??

なんでもそうだけど

継続は力なり」です。

そこに、

良し悪しは関係ないです。

それを続けたいなら継続すればいいし、

続けたくないなら、継続しなければいい。

結局、

自分を創っているのは、自分なんです。

なんかまたややこしくなってしまいましたが、

ここは「原因と結果の法則」という本を読んでください。

これは本当にオススメで、多分一番好きな本です。

何が良い悪いかを明確にして、

 それを続けたいかというのを自分に問う

ぜひ、試してみてください。

感想お待ちしてます

コメントはこちら

シェアする