口にした言葉は現実になる。これには科学的根拠があった

シェアする

今回のテーマはこちら(・∀・)

『口にしたことが現実化するとしたら、

 今日からあなたは、何を口にしますか?』

です。

「いつもうまくいってます!」

「いつも本当に幸せだなぁ〜」

「いつも本当にありがとうm(__)m」

「いつもみんなに感謝しています」

「いつも元気で絶好調!!」

そんな言葉を、

毎日気持よく使っていますか?

いやいや。

出たよ、始まったよ、自己啓発ですか・・。

自分には幸せなことも、

感謝することもないし、

体調は、絶好調でもないし、

そんな言葉なんて使ってないよ・・・。

実際、そう思われた方も、

多いのではないでしょうか?

日本には古くから

「言霊」という考え方が、

存在するということを、

一度は聞いたことがあるかもしれません。

「口にした言葉が現実になる」

・・・というのは、

実は、心理学的、社会学的にも、

根拠がある事実なのだそうです。

「口にした言葉が、現実になる

 というのは、科学で証明されている」

・・・と言ったら、信じてくれますか?

今回は、非常に軽視されがちな

「言葉の力」について、深く掘り進めたいと思います。

口にした言葉は、現実になる

「口に出したことは現実になる」

・・・という、世の中にありふれた文言。

実際に多くの自己啓発書を

読んでも書いてあるため、

正直うさん臭さを感じる方も多いでしょう。

しかし、

実はこれ、心理学や社会学の世界では、

すでに常識となっている考え方なのです。

そこには、

どのような原理・原則が、

働いているのでしょうか?

「ラベリング」と「ピグマリオン効果」

「あの人は◯◯だから」「私はダメだから」など。

自分の勝手な判断で決めつけてしまうことを

「ラべリング」・・・と呼ばれていたりします。

この「ラべリング」の力は、

本当に、強力なのだそうです。

ラベリングは、悪い思い込みとして使えば、

悪い影響を及ぼしますが、良い思い込み、

良いラベリングをすれば、どうでしょうか?

例として、信頼している人から、

こんなことを言われて、嬉しくなって、

想像以上の結果を出した経験はありませんか?

「お前だったら出来ると信じてるよ」

「あなたは頭がいいから出来るよ」

「◯◯にしか出来ないんだよ」

1964年に米国の教育心理学者

ロバート・ローゼンタールは

「人間は期待された通りの成果を出す傾向がある」

・・・と提唱しました。

この良いラベリングによって、

良い結果をもたらす現象を

「ピグマリオン効果」といいます。

こんな実験結果もあります。

「成績の優秀な生徒達を集めたクラス」と

「成績の悪い生徒達を集めたクラス」を作り、

各担任に優秀な生徒には、

お前たちは成績が悪いと、

成績が悪い生徒たちに、

お前たちはとても優秀だと

逆のことを言ってクラスを担当させました。

その結果、どうなったと思いますか?

「もともと成績の良かった生徒達のクラス」

・・・の成績は、ガクンと下がり、

「もともと成績の悪かった生徒たちのクラス」

・・・の成績はグングン上昇したというのです。

ほら、言葉がこんなにも

良い影響を及ぼしてるでしょ!

反対に、期待されないで、

「お前はダメだ」と言われ続けていると、

その言葉通りに成績が下がったり、

能力が落ちてしまうことがあります。

これを「ゴーレム効果」と呼びます。

幼いころに、親から

「お前は出来ない子ね」と言われ続ける。

すると、

「自分はできない子なんだ」

・・・と思い込んでしまい、

本当に出来ない子になってしまうのです。

「自分はどうせ◯◯だから」は厳禁!!

「どうせ、ダメ」

「どうせ、無駄」

「どうせ、無理」

「どうせ、ボクには・・・」

・・・などの言葉が、

常に出ているような人達に囲まれていると、

自分も、その人たちから、

そのように見られてしまい、

自分も、自然にそう思い込んでしまって、

やる気も奪われ成果も上がらなくなり、

気が付けば、自分もそうした

ネガティブな言葉ばかり発するようになります。

自分に対して、

繰り返しつぶやき続ける言葉でも、

同じように、同じだけ作用するのです。

簡単に

自分を「バカ」とか「ダメ」とか

決めてしまうのは、

実は、本当に恐ろしいことなのです!

「おたくの奥さんは料理がお上手ですね」

・・・と言われて、

旦那さんは、

「そうなんですよ。とても上手で、

 プロの料理人のような食事です」

・・・とは言いません。

「お子さんはよく勉強ができますね」

・・・と言われても、お母さんは、

「ありがとうございます。

 本当に、うちの子は、良い子です」

・・・とは言いません。

普通は、謙遜して、

「いいえ、まだまだ下手です」

とか

「もう少し勉強してくれるといいんですが、、、」

・・・とか否定的なことを言います。

それは、日本には

「謙譲の美徳」というものがあるからです。

しかし、

謙遜と貶めるのは全く違います。

会話の中で、

「自分なんてバカなんで・・・」

・・・という言葉をよく使っていませんか?

冗談や謙遜のつもりでも、

過剰に自分を貶めるような

言葉を使ってはいけません。

それには、理由があります。

自己成就予言という、

現象自己成就予言とは、

たとえ根拠のない予言

(=噂や思い込み)であっても、

人々が、その予言を信じて

行動することによって、

結果として予言通りの現実がつくられる

・・・という現象のことなんですね。

それがどんな言葉であれ、

あなたが口から発した言葉が、

いずれ、その通りになるのです。

「金がなーーい、金がなーーーい」

と、そんなことばかり、口にしていた。

そうしたら、本当にお金が、

右から左へ流れていってしまい、

なくなったということが、

実際に起こっている・・・ということなんです。

なぜ、このようなことが起こるかというと、

脳は、自分の言うことをいつも聞いています。

何回も繰り返し言う言葉は、

重要なんだと認識し、いずれ潜在意識に入ります。

潜在意識に入った言葉は、

どんな言葉でも言った言葉に対して、

つじつまを合わせようとするので、

このようなことが起こるのだそうです。

では逆に、

常に前向きな言葉を発していると、

どうなるのでしょうか?

あなたが、夢や目標を周りに言い続けていると、

10人に1人くらいは、あなたの話に耳を傾け、

心から応援してくれるようになるのです。

そうすると、その応援してくれる人が、

あなたと同じような目標を持つ人を

紹介してくれたり、支援してくれたりします。

たとえ嘘でもいい!

プラスの言葉を口にしよう。

自分は素直だから、真面目だから。

思ってもないことは言えない。

・・・という人がいます。

ここで大事なのは、

「嘘でもいいから、

 まずはプラスの言葉を口に出して言うこと」

・・・なのです。

たとえ、気持ちが伴っていなくても、

プラスの言葉を繰り返し言うことで、

気持ちや状況が、後から付いてくるのです。

マイナスの言葉を発したから、

マイナスの状況がやってきた。

プラスの言葉を発したから、

プラスの状況がやってくるのだったら、

プラスの言葉を言わないほうが

愚かだと思ったりしませんか?

言霊の力を

十分に理解している人たちにとって、

「マイナスの言葉を言ってはいけない」

・・・ということは、常識なのです。

「こうなったらどうしよう・・・。」

日本人は、やたらと不安を口にします。

口にしたことが現実化するとしたら、

今日からあなたは、何を口にしますか?

と、まあ心理学的な話も交えて、

軽めの話したわけですが、

なんだか難しいなぁと思ったかもしれません。

このことをボクたちに分かりやすく

教えてくださっているのは、斎藤一人さんです。

ひとりさんは、

プラスの言葉を

「天国言葉」(ここでいう、「ピグマリオン効果」ですね)

マイナスの言葉を

「地獄言葉」(ここでいう「ゴーレム効果」です)

・・・と表現しています。

斎藤一人さんは、

難しいことは一切やらずに天国言葉だけです。

ほんとに、学びになります。

感想お待ちしてます

コメントはこちら

シェアする