「参る」と「詣でる」の違いについての言葉の由来を考えてみた

リブログ

どうも、鯉沼(@koichan888)です。

いつも、読んでいただきまして、本当に、ありがとうございます♪

本日も、最後まで、おつきあいいただければ嬉しいです。

それでは、今日も元気にまいりましょう!

お朔日参りの語源を調べていたら、あるキーワードにぶつかります。

「参る」「詣でる」の違いについてです。

初 詣とも言います。

初参りとも言います。

さて、その違いは、何なんでしょうか?

参るの言葉と詣でるの言葉の違いを調べたら面白いことがわかった

参りは、

神様に呼ばれて参りました

詣でるは、

自ら神のもとに感謝を伝えたくて詣でる

晦日(みそか)詣で、みそかに感謝を伝えに神様のもとに行くと、朔日参りで、神様が祝福を与えたいので呼ばれて、その月の1か月の開運スケジュールをいただけるイメージです。

参考資料:

晦日

その宇宙の流れで任せて行動すれば、感謝したくてたまらないようなひと月になり、晦日詣りで神様のもとに感謝を伝えに行っちゃう!!

そんな循環です!!

イメージできました!?

面白いお話じゃないですか?

また、続きは、更新していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

感想お待ちしてます

コメントはこちら