「仲間の存在」が与えてくれるもの

シェアする

あなたには「仲間」と呼べる存在がいますか?

「知り合い」

「友達」ではなく、

「同僚」でもない。

「仲間」である。

ボクには、仲間がいる。

同じ目的を共有し、

共に歩み、切磋琢磨し合った人達がいる。

互いを尊重し、

相手のために出来ることをしようとする。

かけがえのない、

ある種の「絆」で結ばれた人達がいる。

「同志」

「戦友」

・・・とも呼べるかもしれない。

今日は、

久しぶりに仲間達と再会し、

ランチをしながら、

楽しい時間を過ごした。

それぞれの近況を報告し合い、

それぞれの「人生のチャレンジ」を

純粋に、肯定し、応援しあえた。

互いの価値を認め合い、

信頼しているから、

心から「成功」を信じることができる。

ボクの尊敬する方の言葉で、

「人生は【何をやるか】より
【誰とやるか】の方が重要である」

・・・というものがある。

たとえ達成することが、

困難な目的であっても、

仲間の心強い助けによって、

成功することができるのだ。

「こんなすごい人達の中に、

 自分が居てもいいのだろうか?」

そう思ったこともあった。

各人が確固たる

「信念」

「生き方」

・・・を持っていて、

仕事においても、

自分のやりたいことを

やって結果を出している。

そんな中を、

何とか食らい付いて行こうと決めた。

能力的にも人間的にも、

追い付こうと必死だった。

同じ目的のために、

仲間と過ごす、ステキな時間。

この人達の一言、一言に、

どれだけお世話になっただろうか?

どれだけ見守ってもらっただろうか?

どれだけ励ましてもらっただろうか?

どれだけ刺激をもらっただろうか?

そして、

どれほど、自分は成長できただろうか?

「尊敬できる仲間」と

「同じ目的」に向かって協力し、

道をひたすら、前に前に突き進む。

その経験によってしか、

得られないものがある。

成長できない部分がある。

とかく「人と人」の関係性が

希薄になりがちな現代社会において、

「仲間」という存在に

恵まれたことは、すごく幸運である。

しかし、

もし、今そういった存在が、

あなたの身近にいなかったとしても、

気落ちする必要はないと思うんです。

あなたは、あなたのやりたいことに、

一生懸命取り組めばいいと思うから。

自分の心の「喜び」や

「わくわくすること」を追い求め、

情熱を注いだらいいと思うんですよね。

そんな、あなたを、誰かが見ている。

ただの「知り合い」だった人間が、

ただの「同僚」だった人間が、

大切な「仲間」になっていくんです。

「同じ目的」

「情熱」

「共に過ごした時間」

そういったものによって、醸成されていく。

今日もどこかで、

仲間が、がんばっている。

自分の人生に情熱を注ぎ、

すっげぇ全力で生きている。

そういったことに思いを馳せ、

「よし!自分もがんばろう!!」

そう思えるだけで、

そう感じれるだけで、

すっげぇ幸せだったりする。

明日は、明日の風が吹く。

 

感想お待ちしてます

コメントはこちら

シェアする