人の為(ひとのため)と書いて 「偽(いつわり)」なり。

公式LINE@はこちらから!最新情報を配信中です♪
スポンサーリンク
この記事の所要時間: 1031

人の為なんて、何もならないのか?

鯉沼(@jun12780701)です。

価値観が変わる話を、

今日は、マジメにしてみようと。

この事実、真実を、

 ご存知でいらっしゃるでしょうか?

結構、知らないっていうか、

見逃している人が、多い内容です。

「人のために頑張る」

・・・という「偽り」についてです。

120461401775616228284

  • 「人のために頑張ります」
  • 「人様のために、一生懸命です」

自分自身のことより、

他人のことを優先して考える人は、

優しく思いやりがあり、

人間として素晴らしく感じます。

「義」にあふれているなって思います。

ただ、「恩義」の意味が、

日本古来のものと、少し違うんですよね。

一般的にも、世間的にも、

「人様のために」という言葉は、

本当に、「受け」がいいものです。

こうした人は、

「素晴らしい人だな」

・・・と感じることでしょう。

反論できる人は、

なかなかいないと思うんですよね。

しかし、ボクも、これまで

「人のために頑張ります」

・・・という人でいたんですね。

ですが、周辺を見渡して、本当に

輝いている人を見たことがありません。