トランプ候補、大統領選勝利!

公式LINE@はこちらから!最新情報を配信中です♪
スポンサーリンク
この記事の所要時間: 54

アメリカ大統領選
トランプ候補の勝利速報・・・

鯉沼(@jun12780701)です。

今日、大統領選挙が無事に終わりましたね。

img_08567a86f5f4362178acaf6ff230463226650

結果は・・・

記事に、いいね👍できます!!
記事を読んだら、いいね👍してくださーい!

二日前から、福岡にきていますが、

昨日は、なんと、なんと・・・。

yccp161108020811

博多駅前陥没がありました。

JR博多駅前の道路で8日早朝に起きた陥没事故。

周辺では、ライフラインの供給停止や、

避難勧告などを招いて都市機能がマヒしたみたいで。

通勤時間帯と重なったこともあって

オフィス街は、大混乱してましたね。

銀行のオンラインシステムで

障害が発生するなど市民生活に

大きな影響が出たみたいです。

ちょっと考えてみました。

さて、この件から考えられること・・・。

cwsf2ubuuaquhsf

ボクたちは、些細なことで悩んでしまって、

落ち込むことって、よくありますよね・・・。

全く悩みが無い人なんて、

そんなに多くないでしょうし・・・。

誰だって、

テンションが下がってしまうことは

よくあるはずですが、仕事をするうえでは、

いちいち落ち込んでいたらキリがありません。

でも、日常生活を送る上では、

ストレスが、たくさんあります。

忙しくて時間が、無い人が多いですから、

ゆっくりとリフレッシュすることもできません。

だから、

そういったストレスが溜まってしまって、

慢性的に、精神疲労が、

進んでしまうこともあるわけです。

なので、

そういったことを防ぐためにも、

ポジティブに考えて行動することが

求められてきちゃうわけなのです。

余計な

ストレスを感じることが

まったくなくなれば、

毎日を快適に過ごせるようになるでしょう。

今日は、ポジティブになるための方法

いろいろな角度から、考えてみたいと思います。

脳科学の観点から見たポジティブの秘密

人によって、性格は千差万別です。

なので、明るい性格の人もいれば、

内向的な性格の人もいますよね。

そのため、何に対しても、

ポジティブに考えられる人であったり、

小さなことでクヨクヨしてしまう

ネガティブ思考の人などがいるわけです。

これは、

生まれ持った性格だから仕方ないと、

思っている人が多いでしょうが・・・。

しかし、こういった性格は、

後天的に、変えることができます。

実は、脳科学の分野において、

明るい性格と、暗い性格の人の

違いが解明されていたりするんです。

人間の脳には、

「側坐核(そくざかく)」

「扁桃体(へんとうたい)」

という部位があり、

この2つの働きのバランスによって

人の性格が決まると言われていたりします。

側坐核(そくざかく)
脳の中心部分にある神経細胞の集まりで、
快楽などのポジティブなことに反応する。
扁桃体(へんとうたい)
側頭葉の内部にある神経細胞の集まりで、
危険などのネガティブなことに反応する。

つまり、

側坐核が優位に働く人は、

ポジティブな性格となりやすく、

偏桃体が優位に働く人は、

ネガティブな性格になりやすい

・・・ということです。

もし、

ネガティブな気持ちになっているのなら、

偏桃体(へんとうたい)が活発に働いている

可能性がある・・・ってことなんですね。

a01

では、どうやって

側坐核と偏桃体の強さが決まるのかというと、

「セロトニン運搬遺伝子」が影響しています。

セロトニン運搬遺伝子とは、

精神を安定させるセロトニンという

脳内物質をコントロールする遺伝子です。

この遺伝子の働きが強い人ほど、

ポジティブな思考になりやすいということです。

セロトニン運搬遺伝子は、

楽しい時や嬉しい時などに活発に作用します。

・・・なので、

普段から前向きな言動をしていることで、

どんどんポジティブな考え方になっていきます。

前向きに考えることで、

ポジティブになれるという

好循環を生み出すことができるわけです。

逆に、消極的な考え方の人は、

ますますネガティブになっていきます。

まずは、考え方を変えない限り、

性格を改善することはできません。

ですから、無理にでも

ポジティブな思考をすることが

大切ということなのですね・・・。

・・・といっても、

どうすればポジティブになれるのか、

分からない人も多いのが現代なのでしょう。

なので、これから

ポジティブ思考になる秘訣というものを

じっくりと深く考えてみたいと思います。

forward_arrow_button_next_right_media_mail

次に進む