ポジティブだけじゃない!行動に移すこと大事!

公式LINE@はこちらから!最新情報を配信中です♪
スポンサーリンク
この記事の所要時間: 356

forward_arrow_button_next_right_media_mail

ネガティブ感情6つの対処法?

ポジティブだけじゃ成功できない!
行動に移すことが大切だってこと!

プラス思考は、万能の薬

・・・と思っている人が多いですが、

そんなことは、実は、全くありません。

ポジティブを意識しすぎると、

逆に失敗の原因となるので注意が必要です。

よくあるケースとしては、

ビジネス書を読んだり、

自己啓発セミナーに参加しただけで

満足してしまうタイプじゃないですかね。

たしかに、

本を読むと勉強した気持ちになりますし、

セミナーに参加すれば

モチベーションがアップします。

でも、

行動が伴わなければ、

何の意味もまったくありません。

ほとんどの人は、

ポジティブになったとしても、

行動に移すことがないわけです。

それだと、

ただの“楽観的なバカ”で

終わってしまうんですよね。

なので、

「どんな行動をしたのか」

・・・ということを

重要視してみることが大事です。

行動の計画を立てる

自分の目標を達成するためには、

計画を立てることが、すごく大切です。

ポジティブな気持ちになって

行動に移せるように、

具体的な行動計画を立てるようにしましょう。

手順としては、以下のようになります。

  1. 目標を設定する
  2. 起こりうる障害を想定する
  3. 障害を乗り越える対策を考える

たとえば、

「宅建の資格を取得する」

・・・という目標を設定します。

次に、

「仕事が忙しくて勉強できない」

・・・という、障害を想定します。

そして、

「最低でも1時間は
参考書を眺める癖をつける」

・・・といった

対策を考えるわけです。

このような計画を立てれば、

必ず行動できるようになります。

もしも、

行動できない状態になったら、

また計画を立て直せばいいわけです。

行動しなければ意味がありませんから、

ポジティブなだけで満足しないようにです。

ポジティブになるために役立つ本

ポジティブ・チェンジ

メンタリストのDaiGoさんによる本で、

心理学と脳科学の観点からポジティブに

生まれ変わるための方法が書かれています。

5週間で潜在意識を変えるための

トレーニングが書かれていますので、

その通りに実践すれば

何らかの変化が実感できるはずです。

行動することを、

焦点に置いていますから、

単なる自己啓発本ではありません。

「ポジティブ脳」のつかい方

脳科学者の茂木健一郎さんが書いた本で、

最新の脳科学の観点から

ポジティブになる方法が紹介されています。

ネガティブな感情が襲ってきても、

脳を切り替えることで、

感情をリセットできるそうです。

脳をコントロールする方法を覚えれば、

常に前向きな気持ちで

生きることができるようになると思います。

以上、

ポジティブになれる秘訣を紹介しました。

いつでも前向きに考えて、

行動できるようにしておくことで、

どんな状況下でも

いい結果を生み出せるようになるでしょう。

日頃の考え方次第で、

変わってくるものですから、

ポジティブシンキングをする

癖をつけておくことは、おススメ。

前向きに考えられたら、人生が変わります!!