【まとめ】林修の仕事原論 正しい場所で、正しい方向で、充分な量をなされた努力は報われる

シェアする

ひさびさの読書の時間です。

林修さんの

林修の仕事原論-壁を破る37の方法-

・・・を読みました。

この本は中々面白かったです♪

ボクは、本をブログにまとめています。

その際まとめた言葉、

気になった言葉を書いていきたいと思います。

努力は報われる

「努力は報われる」

・・・というが、

林先生ならではの言葉を加えました。

正しい場所で、正しい方向で、

充分な量をなされた努力は、報われる。

努力の量・時間が大事なことは

もちろん「正しい場所」と「正しい方向」が重要。

例えば、

東京から大阪に向かいたいとする。

東京から可能な限り、

寝食を忘れて移動する。 

向かう方向が、

だとしたらどうだろう?

西に進まなければ

大阪にはたどり着けない。

「そんなアホな事は、誰もしない」

と思うだろうが、

努力の面に関しては、

多くの人がこの過ちを犯しがち。

正しい場所、正しい方向

・・・というのを、意識する必要がある。

成績が上がらないという人ほど勉強不足

成績が上がらないという人ほど、

単に勉強不足という量の問題に帰結する。

学力の低い生徒ほど量が少ない。

充分以上に頑張っているのに、成果が伴わない。

→ 努力の方向が間違っている

→ 努力する場所が違う

今度は「量」。

合格に辿り着く人間ほど、

「まだだ、まだ足らない」と思う。

それが、最難関大学など

トップを目指す人間ほど

「足りない」と思い、

その想いが、「量」に反映されます。

必然と

「量・時間」が多くなるんですよね。

逆に、成績が上がらない人ほど

「もう充分だ。だいぶやったぞ」と思いがち。

なぜそう思えるのかと考えてしまうほど。

この違いは、だいぶ大きいです。

与えられた仕事は全力を尽くすだけ

多くの仕事は、誰にでもできる仕事。

でも、あえて

自分に仕事を依頼してくれた。

→ 仕事を断る理由はない。

  全力を尽くすだけ。

自分を選んでくれた仕事。

自分に出来ることは何か? 

何をすれば目標が達成できるのか?

選んでくれたことに対して

全力を尽くすだけではないでしょうか?

やなせたかしさんの言葉

運に巡り合いたいのならば

何でも引き受けてみるといい

「ああでもない、こうでもない」

こう選ぶのは決して悪いことではない。

・・・ですが、選ばな過ぎると

どこにもつながらないし

「運」のカケラもつかめないことがあります。

何が、運に繋がるか分からないのです。 

何かしらの繋がりがあって、そこから

「良い運に恵まれたな」

・・・と思えるのだと思います。

個人で勝負できる組織人たれ

個人で勝負できる組織人たれ

この言葉は

かなり大切だと感じました。

組織の中にいても、

個人で勝負できる力を持つ。

どんな場所でも、そうですよね。 

それぞれが、

個人で勝負できる人になる事も大切。

であるし、そうなれば

総合的に組織としても力があがる。

組織のなかの一人として

機能する必要はあるが、

組織に甘え過ぎてはいけない。

志の低い人とは距離を置く

自分が上を目指したいと必死に努力をしても、「ほどほどでいい」という人と一緒にいると、人は感化されてしまう。

低きに流れるのはあまりに容易だから。

一度付き合うとなかなか離れず、足を引っ張ってくることさえある。

環境は、とても大事です。

一緒にいる人と

正確・能力は似てしまいます。

志の低い人と一緒にいると、

自分自身も同じようになってしまう。

出来るだけ早くそこから

移動するべきだと、ボクは思います。

考え方や方向性が、

あまりにも違う人といても、

前に進む力は、俄然弱くなり、

逆の方向に引っ張る人間もいます。

今一度、周りを見てみましょう。

何かに負けるとき、原因は主に3つ

1、情報不足
2、慢心
3、思い込み
(4)、想像力不足

「一発逆転」が必要な状況をつくらない

一発逆転はめったに起こらない

  ↓ ↓

逆転しなくてもよいような状況をつくる

地道な日常の積み重ねで

「A判定」を常に出し続けること。

日々の努力ですよね。

これに尽きるんですよね。

常に圧勝できるほどの力を身に着ける。

分析

なぜ「逆転」しなくては

ならなくなったのかを分析すること。

「逆転をかんがえなくてもよい人」

「自分」の違いは何か?

「自己分析」

「他社との比較」

→ 二度と「逆転」を

  試みなくてもよいようにする。

ドラマのような

奇跡のヒーローはめったに現れない。

なぜこうなるのか、

なぜ他の人と違うのか

・・・考えてみましょう。

そして、

そこから何をすれば良いのか?

おわりに

これらは、本の一部ですが、

とても力強い言葉で、

いろいろな事を気付くことが出来ました。

特に最後の「逆転」の部分などは

「たしかに・・・」と思う部分です。

他にも素敵な文章・考え方があるので

この本は、ぜひとも読んでほしいです。

また「いつやるか? 今でしょ!」もオススメ。

むしろ、こっちのがオススメだったりします。

逆転の発想を学ぶのに最適なゲーム

感想お待ちしてます

コメントはこちら

シェアする