さて、一年を振り返ってみよう Vol. 01

公式LINE@はこちらから!最新情報を配信中です♪
スポンサーリンク
この記事の所要時間: 438

行動は費やした時間の【長さ】ではなく、【密度】で決まる

先を見据えたかっこいい人生

おはようございます!

鯉沼(@jun12780701)です。

ブログをワードプレスに切り替えてかた半年。

ひさびさに、いろんなことを考える毎日です。

(あっ、悩んでないっすww 最近は、悩みないっすw)

今年は、春から、韓国に行き、

韓国では、蟹をガッツリ食べましたし・・・

アメリカは、ノースカロライナ州のシャーロットに行き、

2月に、NBAバスケットボールチームのスタジアムにも行きました。

そして、そのままハワイに直行したのも、今ではいい思い出です。

ハワイは、アラモアナショッピングセンターに・・・

さらには、

夏には、エストニアという国に行きました。

エストニアの首都タリンの旧市街地。街が世界遺産とかぶっ飛びます。

(次回は、2017年3月にツアーがあるんで、楽しみです!!)

本当に、この1年は、たくさんの人たちと出会い、

充実したみっちり、ぎゅっと詰まった日々を送れていました。

ほんとうに、たくさんの経験ができた1年でした。

そのため、いろいろな人々と出会うことが多くあり、出会う人、出会う人からいろいろな刺激をたくさんもらい成長させてもらえました。

ときには、時代の先端を見据えている社長にはみえない社長だったり、どんだけお金を積んでも仕事を「魂」がないと仕事を引き受けないスーパークリエーターだったり、福岡県では、誰もが知る居酒屋のスーパー大将と出会ったり・・・。

ボクの世界を完全に破壊してくれる、ぶっ飛んでる人と出会えました。

逆に、いろんな意味で、

すごく残念な人にも出会いました。
依存、寂しがりや、ヤキモチ、嫉妬などなど。

本当に、今になって思えば、

くだらない人々だったな・・・って思います。

ある意味で、

経験値に変換させていただけたので、

本当に、ボクからは、感謝しかありません。

ドラクエに例えるなら、こんな感じの状態で・・・

ときどき、こんな感じに「パルプンテ」が発動してたみたいなww

そんな、この一年を終えて思うこと。

この充実した日々が「費やした時間の【長さ】ではなく【密度】であった」ということ。

ボクが、これだけたくさんの人にめぐり逢い、少ない時間の中で何を優先するか、またいかに多くの情報を吸収するか、ということを考えながら、行動や活動していたってことかなと。

今回は、「時間がない」「迷ってしまった」と感じてしまったみなさんにむけて、ボクなりの体験記をシリーズにしてご報告させていただければなと思います。

すべて「自己責任」は、怖いけれど成長の糧

ここで「良かった」と思うのは、全ての行動において、判断基準が、完全に自分にあったことです。

判断基準が自分にあると、成功も失敗も責任は、自分に戻ってきます。

責任が自分にあるなら、絶対に失敗したくないと思うし「何かひとつでも多く学んでやろう」というエネルギーになりました。

仮に、「友達が行くから」交流会に行く、とか「行って当たり前だから」セミナーに参加すると思っていた場合、責任の所在があいまいで、学びは少なかったと思うんですよね。

もともと、何がしたかったのかを明確にしたのが、大きなポイントでした。

「やりたい」って思えるための「やりたい」を促進する行動

ほとんどの場合は、各自がバラバラに知識であったり、噂話であったり、セミナーに参加したりして励んでいたそれまでの生活とは違って、周りが一斉に動き出している気がして、あせったり悩んだりする日々がありました。

「みんなは、もうあの場所に行っている」
「みんなは、もうあのステージが決まっている」
「みんなは、もうそんな体験をしている」

・・・などなど、みんなの動きが気になって自分だけが取り残されていないか、不安で仕方なくなる時期もたくさんありました。

ボクも人間なので不安になることもありました。

もちろん、あって普通なことだと思うんです。

それでも、自分が「やりたい」と思うことのために、「やりたい」と思った行動であったり、活動をしているのならば、多少目に見える進度が違っていても、成果の面では遜色ありません。

「時間がない」「迷ってしまった」という人は、ぜひとも自分の第一の直感を信じてほしいなって思います。

まだまだ、話は続きます。

年末まで続くかも・・・。