悪口はその人を成長させる栄養剤! アイツを成長させるのはあなたの悪口!

シェアする

この本・・・面白い!

林先生ならではの考え方が多く、

「そんな考え方があるのかぁ」

・・・と思う項目も多いわけです。

今回書くのも、

その1つで、「悪口」について。

ただ一概に「悪口はやめようね^^」とか

そんなレベルで終わらないんですよね。

これこそ・・・

「そんな風に考えたことなかった!確かにそうだね!」

・・・と思わされた内容だったのです。

悪口

これは誰しも言ってしまうことだよね。

ボクは、

言うのも、聞くのも、SNSで見るのも、

嫌いなので、極力言わないように、

そして、さらには、見ないようにしてる。

・・・で、今回悪口について書かれたのは

「悪口を糧にするスキルを身につけよう」

・・・というページだったんですね。

著者の林 修先生は大学の頃に

100kgを超えるデブで、最初の合コンで

「あんなデブとは付きあえないよね」

・・・と裏で言われていたらしいです。

この言葉がきっかけで、

ダイエットをして70kgまですぐに落として

楽しい学生生活を送れたようです。

そして、この悪口には感謝していると。

悪口には二種類ある

林 修先生は、

悪口には二通りあると言っている。

  • 事実を述べているのだが、言い方に悪意が込められている
  • そもそも事実に基づいていない内容を、悪意を伴って述べている

言われてみれば

確かにこれらに分けられる気がする。

対処方法も書かれていて以下の通り。

対処・事実を述べているのだが、言い方に悪意がある

先に述べた著者の

「100kgのデブ」というのが、

まさに、これにあたります。

事実である以上、

事実が無くならない限りは

いつまでも言語化されるリスクがある。

言われたくなければ

事実を変えるしかない。

対処・事実に基づいていない内容で、悪意がある

こちらの悪口のほうが、

圧倒的に多いわけです。

ただ内容が、

事実に基づいていないため

「それは違うよ」で終わり。

また、

悪口を完全に捏造するのは

不可能らしく、自分の中に

罪悪感のある内容などを

ふと、言ってしまうらしい。

・・・ということは、

相手に情報を与えるということ。

さらに「妬み方」というのも

相手に教える事になるという。

・・・というのが、

このページの内容ではあるんだけど、

一番関心したのが次の言葉でして。

悪口は相手を成長させる栄養剤になりかねない

事実を述べているのだが、

言い方に悪意がある

・・・という種類の悪口となるのです。

これは、

悪口は相手を成長させる

栄養剤になりかねない

・・・と、本では、言っている。

さらに

「嫌いな相手に言うのはもったいないですよね」

・・・とも書かれている。

もうね、この部分を読んで

確かに!って思ったよね。

自分の経験

この部分で、

共感したのは経験があるから。

旅をしてたり、

福祉、ボランティアをやっていたり、

SNSをやっていたりすると、

たま~に悪口が聴こえてくる。たまにね。

それも、事実なのもあるし、

事実でないのもあるんだけど、

「事実だけど、言い方に悪意がある悪口」

・・・を聞いた時の僕の気持ちは↓これ。

今に覚えてろよ!

絶対見返してやるからな!

負けねーぞ!

・・・

おぉ~、怖~い(笑)

でもね、

ボクは、超負けず嫌いなので、

超正義感のかたまりなので、こうなっちゃうんです。

相手をけなしたり

落とそうとして吐かれた言葉。

その言葉が燃料となってしまってるわけです。

この燃料のおかげでガンガン燃えるぜ~!

負けず嫌いの人は

結構このような気持ちに

なるんじゃないかと思う。

実際、活動の事でも、コミュニティの事でも

陰で言われたりしてたし、面と向かって言われた事も。

ムカつくけど、事実でもあるわけで

言われたくなければ

自分を変えるしかない

・・・ってことなんだよね。

だから、めちゃくちゃ努力しましたよ。

そのムカツク思いがあるからこそ、

より、上に、上に努力できたとも言える。

夢に向かって走っている時に、

悪口という燃料が投下され、

らに早く力強く走ることができた。

さいごに

悪口に色々と種類があるんですよね。

事実に基づくことは、

変えない限り言われる可能性がある。

事実であっても

変えられない事を言うのは

完全「アウト」だとは思ってる。

その事実を、変えてやろうじゃないか。

悪口は、ムカツク言葉でもあるけど、

自分を成長させる栄養剤・発奮材料でもある。

悪口を言う人に対しては

あなたの言葉こそが、

嫌いな相手を成功へ導いている

・・・ということになります。

嫌いなヤツが、成功するなんて

ムカツクのに、手助けしたのはあなたなんだよ。

ムカつきながらも

手を差し伸べているという不思議な光景。

ツンデレかな?

チベット仏教サキャ派の

サキャ・パンディタの言葉で

「 この世の中は悪口で望みが叶うことはない。」

というのがある。(by サキャ格言集

これね・・・。

↓ ↓

悪口を言ったって

何も良い事はないと、ボクは思ってます。

無くなればいいのにな~とは思うけど

完全に無くなることはないからなんです。

言われるのは、最初はイヤだけど、

「その悪口こそ自分を前へ押し出してくれる言葉」

・・・として思ったら

少しは気が楽になるかもしれないですね。

林 修先生の本、なかなか興味深いです。

違う考え・新しい発見がある人・本は読んでて面白い。

この本・・・面白い!

感想お待ちしてます

コメントはこちら

シェアする