自分の道は、切り開いていくもの。

公式LINE@はこちらから!最新情報を配信中です♪
スポンサーリンク
この記事の所要時間: 354

人生では、自分の道に迷うことがあります。

「やりたいことがなく、

 どう生きていけばいいか

 まったく分からない」

・・・という人が増えてきているこの時代。

「やりたいことがあっても、

実現の可能性が、まったくない」

・・・という人もいるでしょう。

道がないなら、進みようがありません。

「道がなければ進めない。

 道がないから諦めよう。」

そう考える人も多いはずです。

義務教育では、

自然と進学できたので、

自分自身の夢・仕事・生き方も、

自然と見つかるだろうと思いがちです

しかし、ここに誤解があります。

そもそも自分の道は、

最初からあるものではありません。

自分の道は、

切り開いていくものじゃないかなって。

「勝手に道ができるだろう」

「誰かが導いてくれるだろう」

「自然と道が見えてくるだろう」
 

そんな淡い期待を抱いていると、

いつまで、経っても道はできません。

ふらふらした日々を過ごすことになり、

生き方が、不安定になってしまうわけです。

自分らしくない生き方になるでしょう。

何もできず、何も果たせず、

何者にもなれないでしょう。

「道は最初からあるもの」

・・・と思い込んでいると、

人生の迷子になってしまうのです。

「自分の道は、

最初からあるものではなく、

切り開いていくもの」

・・・という認識を持つと変わるのかも。

ボクたちは、人生の開拓者だって思うんです。

目の前には、

大草原が果てしなく広がっています。

まだ、道はありません。

どこをどう進むかは、

すべて、自分次第だと思うんです。

草が生い茂っていますが、

そこに道を作るのが、ボクたち、

未来の子供に残せる仕事だなと思うんです。

草をかき分け、刈り取り、

自分自身が、楽しんで

進む道を作っていこうって思うこと大事。

「道がなくて困った」ではありません。

「さあ、道を切り開こう」と考えるのです。

そもそも自分の道は、

切り開いていくものですから、

道がなくて当然だって思えるんです。

道がなくて諦めるのではなく、

切り開いていくこと、すごく大事です。

「やりたいことがなくて、

どう生きていけばいいか分からない」

・・・という人もいる、現代の世の中。

やりたいことや、

生き方が分からないなら、

分かるまで考えちゃったほうがいい。

自然と見つかることを

期待しなくても、全然いいんですし・・・。

挑戦してみないと、

なにも分からないことなら、挑戦してみる。

適性や相性は、

実際に試してみないと分かりません。

途中で「違う」と分かれば、

別に、やめたっていいことですから。

三日坊主で、大いに結構なことです。

挑戦を繰り返すことで、

手応えがつかめるわけですから、

やらないのは、本当に損だと思うんです。

地球という場所に降り立ったなら、

せっかくなら、トコトンまでにやろう!

自分の得意や、長所をヒントにすると、

自分らしい生き方が見えてくるはずです。

可能性が低いなら、

可能性を高める方法を考えましょう。

可能性がないとはいえ、

決して0パーセントではないはずです。

1パーセントでも可能性があるなら、

知恵と工夫で可能性を高め、実現に結びつけよう。

まず、道を切り開くアクション大事。

自分の道を切り開くためには、

試行錯誤しまくっちゃった方が楽だし・・・。

積極的に行動する必要、超大事。

失敗と、挫折を重ねる必要も大事。

「自分の道がない」と、くよくよしないこと。

「自分の道は切り開いていくもの」

・・・と考えて、積極的になること。

これが大切なんじゃないかなって思うのです。

自分の道は、

最初からあるものではなく、

切り開いていくものと考えちゃう。