9月9日、重陽の節句でやはり大きな変化が出た

シェアする

9月9日は「重陽の節句

五節句の一つであり・・・。  

1月7日の「七草の節句」

3月3日の「桃の節句」

5月5日の「菖蒲の節句」

7月7日の「笹の節供」  

・・・に対し、「菊の節句」とも呼ばれています。

五節句をしめくくる行事として、昔は、最も盛んで、今ではあまり馴染みが、なくなってしまった「重陽の節句」というイベント。

「9月9日」は最高の数が2つ重なる特別な日

数字は、1〜10であらわされ、最も、大きな数は「10」です。  

古代中国では、頂点を極めると、後は後退していくだけなので、頂点を最高とするのはよくない ・・・という思想がありました。  

そこで、最高の数は、「10」ではなく「9」とされました。  

この最高の数が2つ重なるのが、9月9日「重陽の節句」なんです。

いいことが、重なる日とされています。  

庶民の間では

「お九日(くんち)」

・・・と 呼ばれて、親しまれ、秋の収穫祭と合わせて盛大に、祝うようにもなりました。

九州地方で有名な「長崎くんち」「唐津くんち」などは、その名残ということなんです。

奈良時代からのお祝い

奈良時代から、菊酒を飲み交わし、栗ごはんを食べて、無病息災を祈った・・・という記述が『日本書紀』にあります。  

平安時代には、宮中に取り入れられ、一般的なものとなりました。  

江戸時代には、 重陽の節句が、五節句の一つとされて、最も重要な節句として城中行事になりました。  

次第に一般の人々にも普及していきましたが、収穫祭の祭事と習合し、吸収されてしまいました。  

そんな同じ時期に開催されたイベント

昨日、こんなイベントがありました。

会場の雰囲気、伝わりますかね?

すごく、楽しく、盛り上がってる感じ。

バンドや、タヒチアンダンス、そして、ライブ書道など・・・。

本当に、感激、感動の時間でした。

やっぱり、ライブ書道は、本当に感動する。

そして、今回もたくさんの出店者さまが、ほんとうに、マルシェに出店してくださいました。

そちらの写真も、こちらに、載せておきます!

Dプロジェクトさんの投稿 2017年9月10日

本当に、たくさんの人の出会い、つながりが生まれた、チャリティマルシェ。

次回は、10月7日(土)です。

場所は、湖南市の野洲川親水公園。

感想お待ちしてます

コメントはこちら

シェアする